HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

このほかにも疑問に思われること、歯列矯正についてのご質問、ご相談など承ります。
こんなこと聞いてもいいのかな?と思われることでも、山形矯正歯科医院へ何でもお問い合わせください。

>>お問い合わせ(メール)   お電話 099-206-2633

当院の治療について

まずは相談からと思っていますが、何をするんですか?準備することがありますか?

相談の時は、気になっている所はどんなところかを教えていただきます。検査をする前に大まかな治療法、治療期間、治療費用を説明をしています。
治療を希望されている場合には、詳細な検査をしますし、迷っておられるようであれば、一度お帰りいただいて考えていただくようにしています。また本格的な検査だけではなく、相談前にレントゲンをとることがあります。

まず電話でご予約いただき、当日は、保険証をお持ち下さい。

矯正治療にはどのくらいの期間が必要なんでしょうか。

矯正治療は12~13歳までの第一期治療と、それ以降の第二期治療に分けられます。

第一期治療ではあごの大きさのバランスを整えたり、大きくずれた歯の修正をしてほぼ良好な永久歯列をつくることを目的にしています。したがって治療開始から12~13歳位までが治療の期間と考えてください。もちろんこの間はずーーと装置をつけているわけではありません。装置をつけている期間のあとは、装置なしで観察を続けて、必要があればまた違う装置をつけるといった具合です。

第二期治療はマルチブラケット装置で全体の歯を動かす治療です。状態によりますが1年から3年位かかります。きれいになったあとは、保定装置という装置でもどらないように押さえをすることも必要です。保定が約2年間です。

矯正治療にはどのくらいの費用がかかるんでしょうか。

治療期間によって異なりますが、第一期治療のみであれば、30~35万円位の治療費です。第二期治療まで続ける患者さんの場合は総額60~65万円位の治療費用が必要です。また1~2本だけの部分矯正の場合は総額5~10万円位必要です。

但し、これらは目安で、様々なケースがありますので、まずはご相談へおいでください。
お支払いは、ある程度まとめてお支払いしていただく方法と、毎月の分割払いを選択していただいています。

矯正治療と一緒に虫歯の治療もしてもらえますか?

当診療所は矯正治療を専門にしています。虫歯治療は、かかりつけの歯科医院で治療をお願いしています。
”矯正治療前に虫歯を全部治した方がいいですか?”
とよく質問されますが、矯正のために抜歯をすることもありますから、矯正検査をしてからでも虫歯治療は遅くありません。

将来、転勤等で鹿児島を離れるかもしれません。どうしたらいいんでしょうか。

矯正治療は長い期間が必要ですから、数ヶ月先に転居が決まっているようでしたら、転居先で治療される方が得策です。
万が一、治療途中で転居されることになった場合には、転居先の矯正専門医を紹介致します。また治療費も一部お返ししますので安心してください。

歯列矯正治療全般について

歯列矯正ってどうして歯が動くんですか?

歯に持続的な弱い力を加えると、歯根の周りの骨が解ける現象と新しい骨が作られる現象が同時に起こることで歯が動くことが確認されています。歯の移動には時間がかかりますが、1cm以上の歯の移動も十分に可能です。

歯のでこぼこがひどいが、治療できる?歯列矯正できないケースもあるのですか。

重度の歯のでこぼこでも、治療は十分に可能です。歯列矯正の難しい場合は(1)歯の根が極端に短い場合、(2)歯を支える骨がほとんどない場合が考えられます。治療前に十分な診査が必要です。

若いときでないと矯正は無理なのでしょうか。何歳までにするのがいいんでしょうか。

歯は一生動き続けることがわかっていますから、年齢の制限なく治療は可能です。
ただし、成人特有の歯周病がある場合には、歯周病の治療といっしょに矯正治療をすることが大切です。

せっかく生えている歯を、抜かないといけないんでしょうか。

矯正治療をされている方の中で、約半数の方は永久歯を抜歯して治療しています。これは歯のでこぼこがひどかったり、歯のために口元が飛び出している場合に、永久歯を抜いた隙間を利用して治療する方法です。患者さんの、顔や顎の大きさにあった歯の本数にしていると考えてはいかがでしょうか?
矯正治療に大きな影響がなければ、虫歯や歯周病で状態の悪い歯を抜いています。健康な歯を抜くのはだれでもいやなことですから、必要性をよく理解していただいたうえで治療を開始いたします。

そして、子供の時からの治療をすることで抜歯をしなくてすむことが、増えています。また、インプラント矯正では、従来では抜歯しなくてはならなかったものが、抜かなくて治療できる場合も増えてきました。

装置が痛いと聞きました。痛くないようにはできないんでしょうか?

装置による痛みはいくつかあります。
まず、装置が唇や頬に当たって痛い場合です。これは装置のつけ初めにある症状で時間とともになれてくることが多いようです。

次は、歯が動くことによる痛みです。歯に持続的な力を加えることで歯は動いていきますが、そのときに痛みが生じます。特にものを咬むときや歯ブラシを当てるときに痛むことが多いようです。調節後2~3日痛みが続きますが、除々に落ち着いてきます。痛みを防止するために痛み止めを飲んでもらうこともあります。最近は熱で活性化するワイヤーを用いています。体温ではワイヤーの力が働きますが、冷たい水を含むと力が弱まって、痛みが和らぐワイヤーです。

また、装置の技術革新の結果、小さな力で歯が動くようになってきました。昔に比べて、痛みは小さくなってきているといえそうです。

こどもの治療について

3歳児検診で反対咬合(受け口)と診断され、「大きくなったら矯正すればいい」と言われましたが、何歳から始めるのがいいんでしょうか。

乳歯の反対咬合は、永久歯に生え代わるときに自然に治るものがあります。逆に乳歯の時に治療して、永久歯に生え代わったときに再発することもあります。このような観点からは前歯が永久歯になる6~8歳頃が治療適齢期と考えられます。ただし乳歯列でも上あごと、下あごのずれが大きい場合には4~5歳からでも治療する場合があります。

人間の顔は上あごから上の部分は12歳頃までに完成してしまいます。反対咬合の効果的な治療のためには上あごの成長の旺盛な時期が適当ですから、この意味でも6~8歳頃がいいと思います。

まだ幼くて、自分で歯磨きも充分にできません。治療期間の虫歯が気になります。

第一期治療(こどもの治療)に用いる装置は、口の裏側の装置や比較的簡単な装置や、取り外しの装置が多いのでそれほど虫歯の心配はいりません。ただし、矯正治療は、健康な口を作るのが目的ですから、基本的な食事の取り方や、歯みがきができるようになってから装置をつけるようにしています。

なお、第二期治療で使うマルチブラケット装置は虫歯の危険性が格段に高くなりますから、十分な歯磨きと食生活の改善が必要です。

親は治療させたいのですが本人がすごく嫌がってます。見た目が気になるようです。

矯正歯科治療は患者さんの協力なしには、うまく行かない治療ですから、まず本人の”治したい”という気持ちが一番大切だと思います。
見た目についてはいくつかの解決法があります。まず、プラスティックやセラミックなどの目立たない表側の装置を使う方法です。この場合は、従来の金属の装置とほぼ変わりなく治療が可能です。
また歯を動かすワイヤーも白いものがあります。
次は歯の裏側の装置(リンガルブラケット)を使用する方法です。この場合、外からはまったくわかりません。ただ発音がしにくいことが欠点です。またかみ合わせの状態によっては、この装置が向かない場合もありますので、十分に相談していただくのがいいと思います。

近頃では、矯正装置がかなり一般的になってマスコミでの露出も増えてきました。矯正装置をつけているのが普通の世の中になってくるのもそう遠くはないと思います。私たちの所属する日本臨床矯正歯科医会では、ブラケットをつけて楽しく生活していただくために”ブレーススマイルコンテスト”(矯正治療中の方の写真コンテスト)を開催しています。
詳しくは http://www.orthod.or.jp/ をご覧下さい。

子どもの時矯正し、大人になってまた治療しないといけなくなることはありませんか?

成長期にした方が良い矯正と、永久歯がそろってからした方がいい場合に分けられます。

たとえば、上あごと下あごがずれていて、出っ歯になっていたり、受け口、あるいはあごが横にずれている場合などは成長期の治療がよいでしょう。また極端に位置のずれている歯、あごの動きを制限している歯、かみ合わせ時に特定の歯にダメージを与えている場合についても、成長期の治療が望ましいです。また歯のでこぼこがあっても、成長期に顎を大きくすることで歯の生えるスペースを作ることも可能な場合があります。

逆に、全ての歯が生えそろってから、マルチブラケット装置で治療した方が治療期間も短い場合があります。一度、相談するのがいいですね。


このほかにも疑問に思われること、歯列矯正についてのご質問、ご相談など承ります。
鹿児島市・鹿児島中央駅前 山形矯正歯科医院へ何でもお問い合わせください。

>>お問い合わせ(メール)   お電話 099-206-2633