HOME > 矯正用アンカースクリュー

矯正用アンカースクリュー

矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラント)は、顎の骨内に直径1.5ミリ程度のネジを植立し、これを固定に歯を移動するものです。治療期間の短縮やより精度の高い治療が可能になりました。また従来であれば、手術適応であった患者さんでも矯正治療単独で治療することも可能になりました。
このインプラントは矯正治療終了時に除去するもので、歯のないところに植立する歯科用インプラントとは別のものです。

当院では、かなり初期よりアンカースクリューを導入し、良好な治療成績をあげています。この成果の一部を「インプラント矯正アトラス第二巻」を共著で出版しています。

矯正用アンカースクリュー 例
▲矯正用アンカースクリュー

インプラント矯正アトラス第二巻