HOME > 子どもの矯正治療の開始時期

子どもの矯正治療の開始時期

学校歯科検診でも不正咬合の診査が加わり、親御さんの歯並びへの関心が高まっています。
早期治療は間違いでありませんが、治療が長期化すると患者様の精神的、肉体的な負担が増えていることがあります。適切な診断をして装置装着はなるべく短くしたいと考えています。そのため、装置は装着せずに観察だけをさせていただくことも多いです。

各種症例

各画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

発育期に装置で治したいこと(緊急性のある治療)は以下のとおりです。

  1. 骨格の問題
    顔面の非対称(顎のずれ)、下顎の後退、下顎の前突は歯並びだけでなく顔かたちにも影響し、将来手術を必要とすることもあるので早期の改善が望ましいです。成長期を利用すれば、顎の成長方向や成長方向をコントロールすることが可能です。
  2. 歯の萌出の問題
    片側の歯は萌出しているのに、反対側の同じ歯が萌出していない場合は、歯の萌出方向や歯根の形に異常があることが多く注意が必要です。
  3. 噛み合わせによる外傷の問題
    前歯の反対咬合がある場合は、この部位に力が集中して歯肉や歯槽骨がなくなってしまいます。早期に改善すれば骨も歯肉も回復します。
  4. 奥歯の噛み合わせ
    奥歯がすれちがって咬んでいる場合、顎の関節症や顎のずれの原因となります。これも早期治療が望ましいです。
  5. 口の周りの筋肉(舌、頬、唇など)や習癖、呼吸の問題
    口の周りの筋肉の働きの悪さや、指しゃぶり、口呼吸等が原因の不正咬合ではトレーニングの補助として装置を使うことがあります。

 

一方、上記のような問題がなく単純に歯列がでこぼこしている場合、まずは原因である食生活、習癖、呼吸の改善を図ることで、歯列の自然な成長を図ることが重要だと思います。必要があれば歯列の拡大を図りますが、短期間で最小限にとどめたいと思います。